スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題を巡り、農林水産省は13日、都城市の発生農家から約1キロ以内にある10農家の家畜を対象に、感染の有無をみる抗体検査を実施することを決めた。同日開かれた同省の専門家委員会で了承された。既に1農家あたり最大10検体を採取済みで、14日から分析する。感染が拡大した県央部から飛び火したとみられることなどから、検査が必要と判断した。

 また専門委は農水省に対し、新たに飛び火が疑われる事例が発生した場合には、周辺の大規模農家へ立ち入り調査を実施することを提言した。

 一方、日本養豚開業獣医師協会はこの日、専門委の各委員に質問・意見書を提出。専門委への(現場に詳しい)民間人登用についての見解▽ワクチン接種の区域設定の根拠−−などを尋ねた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了

【こども】エコルールを教える 地下資源はノー 素材で選ぶ買い物(産経新聞)
関東地方、昼前にかけ激しい雨(読売新聞)
「一番お金ない幹事長」=民主・枝野氏(時事通信)
谷垣総裁、参院選与党過半数なら辞任(読売新聞)
<南アW杯>名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率(毎日新聞)

県立受験やめれば合格させる 愛媛の帝京第五高、30年前から(産経新聞)

 愛媛県大洲市の私立帝京第五高校(井上聖二校長)は3日、今年2月の一般入試で合格ラインに達していない受験生に対し、合格発表前に中学校を通じて、併願校の受験断念と帝京第五高入学を条件に合格を持ちかけていたことを明らかにした。

 同校は2月上旬に一般入試を実施。関係者によると、合格発表前に同校から不合格通知を受けた中学教諭が受験生の保護者に対し、「帝京第五高は不合格だが、(3月の)県立高の受験を辞退すれば合格になる」などと伝えたという。同校によると今年は約20人が同様の条件で合格しており、約30年前から県内約50の中学校に対し持ちかけていた。

 同校の谷本勝幸教頭は「1月の推薦入試の合格ラインをクリアした生徒を合格の対象にしており、教育の機会を幅広く与えるための措置だった」などと話している。

【関連記事】
「エキナカ」で大学進学相談会 JR東日本が秋葉原駅で
大学、短大受験生の選択肢を拡大 入学者数など開示義務化へ
受験者名記録のUSB紛失 長野の県立高校
顔写真合成で…替え玉受験 チェックすり抜け一度は「合格」 中央大
「子ども手当て」がカギに? 進学塾“経営力”ランキング
「はやぶさ」帰還へ

「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
生活保護打ち切られ…市役所に「人殺し」落書き(読売新聞)
菅首相 会期延長を検討 2週間程度(毎日新聞)
<雲仙・普賢岳>大火砕流19年、慰霊の祈り 長崎・島原(毎日新聞)
首相の「仰ぎ目」と「泳ぎ目」 パフォーマンス学から分析「内心では弱っていた」(産経新聞)

かりゆし姿の福島氏に北沢防衛相「チャイナですか」(産経新聞)

 夏の「クールビズ」の一環として、首相官邸側が閣議に沖縄の正装「かりゆし」を着用するよう各閣僚に求めた1日、すでに閣僚を罷免された社民党の福島瑞穂党首も黄色のかりゆし姿で参院厚生労働委員会に出席した。

 ところが、委員会室に向かうエレベーターで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる日米共同声明でやり合った北沢俊美防衛相と遭遇。ノーネクタイながらスーツ姿の北沢氏は「涼しげですね、チャイナ(ドレス)ですか」と声をかけてしまい、福島氏はすかさず「いや、かりゆしです!沖縄の!」とやりこめた。北沢氏は「あぁ、かりゆし…」と二の句が継げなかった。

 福島氏は沖縄との「連帯」を意識してかりゆしを着用していたが、沖縄問題を担当するものの、北沢氏はかりゆしの知識が乏しかったようだ。

【関連記事】
「福島氏は結婚詐欺にあったようなもの」と自民・安倍氏
岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」
福島氏罷免でごまかされるな!!
首相「メディアが思うほど、小沢氏とぎくしゃくしてない」
署名拒否は正当と福島氏「罷免でパワーアップしたい」
「はやぶさ」帰還へ

皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
沈没トルコ艦 救助から120年 和歌山・串本で追悼式(毎日新聞)
仮想マルチ一斉捜索 投資話で100億円集める 埼玉県警(産経新聞)
<肝臓幹細胞>皮膚から作成…国立がん研究センター成功(毎日新聞)
首相の会見は再延期、午後9時の見通し(読売新聞)

社民、「辺野古」明記の日米文書に反対確認(読売新聞)

 社民党は27日午前の常任幹事会で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、名護市辺野古への移設を明記した日米間の共同文書に反対する方針を確認した。政府は、日米共同文書には、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部への移設を明記するが、政府の対処方針には移設先を盛り込まず、社民党の了解を得たい考え。同党内では、党首の福島消費者相の罷免や連立離脱などの事態に発展するのを避けるため、対処方針の閣議決定などに応じるべきだとの意見が浮上している。

 福島氏は常任幹事会冒頭のあいさつで、「鳩山首相は(野党時代)しっかり、県外、国外(移設)と言った。当選した議員も『(移設先は)辺野古ではない』ということで選挙で勝った。辺野古につくるという共同声明は、日本政府と国民の間の信頼関係を損なう」と述べ、日米合意には反対する考えを改めて強調した。又市征治副党首は「辺野古への移設を前提にした政府文書に党首が署名を求められても、署名しない」と語った。

 社民党は30日に全国幹事長会議を開き、地方の声を踏まえた上で連立政権にとどまるかどうかを最終決定する方針。執行部は連立を維持する考えだ。

 これに関し、鳩山首相は27日午前、首相公邸前で記者団に、社民党の反発について、「福島党首が持論を述べているが、私どもとしては、極力理解を頂けるよう最後までできる限り努力させていただく」と述べた。

等身大ガンダム ただいま“建造”中 JR東静岡駅前(産経新聞)
レクサスのリコール届け出へ=最上位モデルの4509台―トヨタ(時事通信)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」(産経新聞)

「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)

 東京都渋谷区の外資系金融会社社員、三橋祐輔さん=当時(30)=が平成18年に殺害された事件で、殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われ、1審東京地裁で懲役15年の判決を受けた妻の歌織被告(35)の控訴審第2回公判が18日、東京高裁(出田孝一裁判長)で開かれた。「責任能力に問題はない」とする控訴審での被告の精神鑑定結果が証拠採用された。

 弁護側は最終弁論で、改めて心神喪失による無罪を主張。検察側は控訴審の鑑定結果が「信用性は高い」として控訴棄却を求め結審した。判決は6月22日。

 今回提出された鑑定結果は、一連の犯行を「動機は了解可能」と指摘。歌織被告が犯行前後に見たとする幻覚についても「不眠や強度のストレスによるもので、精神障害によるものではない」として、完全責任能力があったと結論づけ、心神喪失状態とした1審鑑定結果を「誤り」とした。

 1審では検察・弁護側がそれぞれ推薦の医師2人が鑑定し、いずれも精神障害による心神喪失状態だったとしたが、判決は犯行前後の行動などから完全責任能力を認定している。

【関連記事】
【判決要旨(1)】歌織被告「逃れたいととっさ殺意」
【鑑定人尋問(1)】「暴力PTSD関係ない」歌織被告の病状
【再び歌織被告質問(1)】「歌織、カネにこだわっていたとは言ってない!」友人尋問していた(9:59〜10:15)
【セレブ妻鑑定人尋問(1)】「男漁りに行きたいのか」歌織被告に父がダメ出し
【法廷ライブ】セレブ妻バラバラ第5回公判(1)牧師ら出廷 歌織被告、教会でDVを相談

<羽田空港>長ーい新駅名に 東京モノレールと京急(毎日新聞)
最主力のアルツが9%の伸長−科研製薬(医療介護CBニュース)
<東京メトロ>東西線、人身事故で乱れ(毎日新聞)
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)
阿久根市長、体協会長職を要求「補助出してる」(読売新聞)

首相「公約でない」に「また余計なことを…」(読売新聞)

 鳩山首相が沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、昨年の衆院選の際に「最低でも県外移設」と明言した自らの発言は選挙の公約ではないとの考えを示したことに対し、与野党から6日、批判の声が相次いだ。

 首相は6日午後、都内のホテルで開かれた民主党地方自治体議員フォーラム全国研修会で、普天間移設問題などで批判を浴びていることを念頭に「いろいろとご迷惑をおかけしており、申し訳ない」と陳謝した。

 しかし、同日夜には「最低でも県外」発言に関し、「約束とかそういうことよりも、発言の重さは認識しているから、自分が申し上げたことに関し責任を果たそうと今日まで行動してきた」と記者団に釈明。首相就任後、自らの発言に忠実に県外移設を追求してきたと強調してみせた。

 しかし、土壇場で自らの発言を翻したことで沖縄側の強い不信感を招き、自民党政権と沖縄側、米側の長期にわたる交渉で合意に達していた現行計画実現の可能性すら難しくしたことへの反省の弁はなかった。

 自民党政権時代以来、政党党首、特に政権党トップの発言は、一般的に党の公約と受け止められてきた。

 鳩山首相自身、野党時代、当時の小泉首相が国債発行枠を30兆円以下にするとした自民党総裁選での主張を守れなかったことを「大したことはない」と発言したことについて、「政治家が公約なんて守らなくたって大したことないと言えば、子どもは約束なんて守らなくていいと思う」などと厳しく批判した経緯がある。

 自民党の大島幹事長は党本部で記者団に「自分自身の言葉を党の公約でないというのは詭弁(きべん)だ」と批判。共産党の小池晃政策委員長は都内での街頭演説で「党首が選挙の時に公の場で言ったことが選挙公約でないとすれば、国民は一体何を基準に選んだらいいのか」と指摘した。

 与党からも疑問を投げかける声が上がった。

 社民党党首の福島消費者相は6日のテレビ朝日の番組で「党首として発言したら党としての発言となる」と指摘。閣僚の一人は「また余計なことを言ってしまった」と政権へのダメージを強く懸念した。

<トキ>2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡(毎日新聞)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
訃報 北林谷栄さん98歳=「日本一のおばあちゃん役者」(毎日新聞)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)

山崎直子飛行士 赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)

 【ココビーチ(米フロリダ州)奥野敦史】「真っ赤なシャボン玉ができたよ!」。スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組んだ山崎直子宇宙飛行士(39)が、長女、優希(ゆうき)ちゃん(7)の「無重力では色つきのシャボン玉が作れる?」という疑問に実験で応えた。

 優希ちゃんは2年前、幼稚園の自由研究で「色つきシャボン玉」に関する疑問を発表した。入浴剤で着色したお湯で作ったシャボン玉は、なぜか透明になる。父、大地(たいち)さん(37)と試してみると、シャボン玉の下のしずくだけに色がつくことが分かった。「しずくができない無重力なら色がつくかも」と、宇宙飛行士の母に謎を託した。

 大地さんによると、米中部時間14日、ジョンソン宇宙センターでシャトル乗組員と家族がテレビ電話で会話する催しがあり、山崎さんが突然、実験を始めた。赤いジュースにせっけんを入れ、ピンポン球大の赤いシャボン玉を作って見せると、優希ちゃんは「赤い! すごーい!」と大はしゃぎだったという。

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る

雑記帳 キャラクターにハネト姿の“ねぶた” 青森養豚協(毎日新聞)
足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)
「靖国神社に参拝する国会議員の会」民主11人参拝も閣僚なし(産経新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
中国ヘリ接近、抗議は4日後=政府対応を自民批判−衆院委(時事通信)

各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が明言している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の「5月末決着」が困難な情勢となったことに関し、16日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から首相を擁護する発言や、進退問題への発展を否定する声が相次いだ。
 枝野幸男行政刷新担当相は、5月末に決着できなければ首相の政治責任は避けられないとの見方があることについて、「民主党内や政府内で聞いていない」と強調。「政権交代していろいろなことを大きく変えていこうというときは、物事が順調に進まないのは当たり前だ」と首相をかばった。
 中井洽国家公安委員長も「野党は常に『首相は辞めろ』というのが仕事だから、いちいち気にしていたのでは仕事はできない」と指摘した。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「首相の考えに従って、できるだけ努力したい」と述べ、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は「基本的なものはその時点で決まる。ベストが駄目な場合はベターの線で落ち着く」と楽観論を展開した。
 前原誠司国土交通相は「首相が5月までに決着を付けると言っているので、しっかりと支えて努力していきたい」とコメント。菅直人副総理兼財務相、千葉景子法相もそれぞれ「全力でサポートしたい」「しっかり支える」と語った。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)
福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類−豪大教授が新説・国立科博(時事通信)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
<消費税>引き上げ、与党内で論議(毎日新聞)

民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、民主党鹿児島県連は17日夜、鹿児島市内で緊急常任幹事会を開き、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転案について、政府に撤回を求めることを決めた。

 県連幹部によると、夏の参院選を前に、徳之島をはじめとする奄美群島などで民主党に対する反発が強まっており、県連内部でも移設について地元に説明しない政府に批判が上がっている。

 県連関係者は「地元の意向を踏まえたうえで、県連として白紙撤回を求めていく」と話している。

普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ(医療介護CBニュース)
<河村市長>議員報酬半減案など再提案へ 議会側は冷ややか(毎日新聞)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
チューリップ 春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

「第3極ブーム」与党警戒、参院選敗北で連携も(読売新聞)

 平沼赳夫・元経済産業相らが新党「たちあがれ日本」を結成したことに対し、政府・与党から10日、警戒する声が相次いだ。

 ただ、夏の参院選で与党が過半数割れした場合、新党など「第3極」勢力との連携は不可避との見方もあり、新党の方向性や支持の広がりを注意深く見極めていく構えだ。

 鳩山首相は10日、東京都内で記者団に対し、新党について「互いに切磋琢磨(せっさたくま)して、政治家同士が新たな政治運動を作り上げていくことは決して悪い話ではない」と述べ、詳細な言及を避けた。

 一方、閣僚からは厳しい批判が上がった。

 岡田外相は記者団に「最初から自民党別動隊と分かっている。何のために作られたかわからない」と冷ややかに語り、仙谷国家戦略相は徳島市での集会で「敬老会青年部のような新党の方々は若い方々にアピールできるものを作り得ないだろう」と突き放した。

 自民党離党者による新党の動きについて、民主党内では「鳩山邦夫・元総務相の離党がきっかけになり、与謝野馨・元財務相、舛添要一・前厚生労働相らが大同団結したら怖い」との懸念があった。しかし、舛添氏らが加わらなかったことで「若い無党派層にブームを起こすほどの力はない」との楽観論が強まっている。

 一方で、今夏の参院選では、鳩山内閣や民主党の支持率が急落し、自民党支持率も低迷している中で、山田宏・東京都杉並区長らが結成する「首長新党」を含め、新たな「第3極」勢力が議席を獲得する可能性は高いとみられている。

 平沼氏らは強く連携を否定しているものの、民主党議員からは「参院選で与党が過半数割れしたら、新党などと手を握るしかない」との声が漏れ始めた。

 「たちあがれ日本」の園田博之・元官房副長官は、同じさきがけ出身の前原国土交通相らとパイプが太い。消費税率を引き上げるべきだという与謝野氏の主張に同調する民主党議員も少なくない。「安全保障政策の異なる社民党や、今まで対立してきた公明党より組みやすい」との声もある。

 他の与党は連立組み替えにつながる動きを警戒している。社民党党首の福島消費者相は10日、平沼氏らの新党について、宮崎市での記者会見で「タカ派ミニ自民党であり、自民党の補完政党だ」と批判。国民新党代表の亀井金融相も記者会見で「政策的に水と油の方が集まって、どういう展望を持っているのか」と語った。

介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換(医療介護CBニュース)
<立教大生殺害>警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める(毎日新聞)
先生6割「心の不安」 大阪府の公立学校 勤務長い、仕事多い(産経新聞)
海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず−気象庁(時事通信)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
即日現金化
カードでお金
無料ホームページ
出会いランキング
クレジットカード現金化
自己破産
現金化
競馬情報
selected entries
archives
recent comment
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    AtoZ (08/26)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    ぱんてい (05/03)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    とろろいも (01/15)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    タンやオ (12/28)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    リョータ (12/24)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    ちょーたん (12/12)
  • <口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
    ヘッド (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM